スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルフェーブル引退記念 スロ太が選ぶオルフェーブル超絶レース3 

カテゴリ:競馬レース情報

orfevre.jpg

僕が競馬を始めたのはディープインパクトが現役で走っているくらいの時。
なので、競馬歴はそれほど長くはありません。

ディープインパクトは本当に凄かった。
僕が知ってる競走馬では一番強いのではないか?と思います。
常に殿からの競争で一気に全馬を抜き去るのだから強さは一際目立ちます。

そんな馬に劣らない馬が誕生したのは2008年5月14日。
ステイゴールドの子供ということで名付けられたフランス語で「金細工師」という意味の「オルフェーブル」。

最初はその気性の荒さから勝ちきれないレースが続きましたが、
3歳となり、クラシック3冠した頃にはすっかり僕も虜となっていました。

3冠記念に買ったこの馬のジッポと焼酎グラスを今でも愛用しております。

今回は22日の有馬記念をラストランにするということで、
オルフェーブルの過去のレースで僕が印象深かった3レースを載せようと思います。

まずは、

2011年 第72回 菊花賞(GI)

3冠のかかったこのレースは僕も勝って欲しいと見守ったレースでした。

ダービーでもその強さは際立っていましたが、
このレースを勝ったことにより強さを不動のものとし、
歴史的名馬と呼ばれるようになったのはこのレースからなのでしょう。

この馬に負けてきたウインバリアシオンも強いのですが、シルバーホースとなってちょっとかわいそうな気も。




次は、

2012年 阪神大賞典

単勝オッズ1.1倍で迎えた誰もが余裕で勝つだろうと思ったレース。
僕も当然そう思っていました。

しかし、歴史に残る逸走。

でも、そこからが強かった。
結果、負けはしましたが、気性の荒さと強さを印象づけたレース。

可愛い馬だと思ったレースでもありました。




最後は、

2012年 凱旋門賞

誰もが世界一になって欲しいと願ったレースでしょう。
そして、僕もその一人。

このレースでは、

勝った!

と思ったレースでした。

実況もイイため、今見ても鳥肌が立ちます。
残念ながら2着となってしまいましたが、2013年の凱旋門賞よりも2012年のほうが印象深い気がします。



他にも感動させられたレースは多々ありますが、
以上が僕が印象深かった3レースです。

この馬がいたおかげで楽しい週末を迎えることができました。
今後は種馬としてオルフェーブルの子供がきっと活躍することでしょう。

ありがとう、オルフェーブル。

そして、ラストラン、頑張れ!有馬記念。
僕は最後の最後までこの馬を応援します。



激走する馬 完全版
競馬は穴を買っているほうが興奮する!?大きな配当は魅力です。その穴馬を全レース配信。
穴馬の複勝率は驚愕の75%!低価格配信が魅力です。

激走する馬 プレミアム版
爆走する軸馬と相手馬と穴馬をお知らせ!穴馬を配信くれるので当たればデカイ!

投資型の競馬予想 極・三連複研究所
競走タイム、騎手、コース適正から導き出された上位7頭を三連複で購入するという方式。
回収率132%、均等1点に1,000円ずつ購入した場合の今年の収支は+640万円という驚愕的プラス!

スポンサーサイト

テーマ : 競馬情報 ジャンル : ギャンブル

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。