スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JRAの競争馬の維持費ってどれくらい掛るの!? 

カテゴリ:競馬の雑学

競馬をしていると、グレードの高いレースでは1億を超える賞金があり、勝てれば馬主かなり儲かるイメージ。

と、同時に競争馬にもかなりの金が掛ってそう。

実際のところ、競走馬の維持費ってどれくらい掛るのか!?
という疑問が生まれたので、ちょっと調べてみました。


競争馬の維持費は牧場時は、

月におよそ30万円くらい。

そして、入厩後は、

月に60万円くらいとのことでした。

大したことないじゃん!
と思いましたが、考えてみれば、高額。

月60万円×12ヶ月で、年間720万円。
年間800万円程度の維持費が掛るようです。

維持費は、日常の飼葉代や調教等の世話代等で、GⅠ馬でも未勝利馬でも関係なく掛ってしまう。
ということになります。

この維持費以上の賞金をレースで得ればプラスになると考えてしまいますが、維持費の前に馬を購入する金額がありますので、実際はかなり稼がないと賞金ではプラスにならないということになります。

最近の高額馬では、ディープインパクト産駒。
種付け料で1000万円掛ってしまうため、その子供は高額。

5000万円~2億円、高いものは2億を超えることもあるようです。

これに維持費がかかるため、1億のディープ産駒を購入した場合、6歳になるまでの4年間で掛る費用は、

1億3200万円

となります。

これなら、でっかいG1を1回獲れば返ってきそうです。
それもなかなか難しいのですが。

でも、G2・G3で好走していればそのうちに返ってきそうなものです。
そのくらいの馬なら問題ないのですが、全然走らない馬では大赤字となります。

ただ、賞金が全額馬主に入ってくるわけではなく、

賞金の10%が調教師、騎乗した騎手と厩務員に5%ずつ配分され、残りの80%が馬主の収入となるようで、実際はもっと稼がなければならないようです。

競争馬の場合、引退後にどうなるかというのが重要なのかと思われ、レース良い結果を残せれば牡馬の場合は種牡馬となり、種付け料を受け取れるというところ。

ディープのような伝説的な馬なら数十億円にもなります。

ですので、何だかレースは種牡馬入りするためのステップのような気がしないでもないですが、そもそも、馬主も稼ぐためというのではなく、競馬が好きで、自分の馬を持って、勝たせてあげたいというロマン的なものが競馬なのかもしれません。

こんなことを書いていると、馬主になりたくなってきました。

では、どうすれば馬主になれるのか!?

その条件は結構単純でした。

まずは、

年間所得額が2年連続1800万円以上

という条件。

そして、

資産額が9000万円以上

という条件を満たせば馬主になれるようです。

それもそうでしょう。維持費に莫大な金が掛るので、これくらいはクリアしないと競争馬を維持できません。数頭持つならこんな収入や資産では全然足りない可能性があります。

ちなみに地方競馬は年間所得が500万円以上とのこと。

が、過去、自己破産や犯罪を犯した場合など馬主になれない条件もありました。

結局、まず人間が条件戦をクリアしていかなければならないのも競馬と言えます。
金が必要なこの世界、、、。僕もそのうちに!



オンラインゲームドットネット(携帯版) - onlinegameguide.net/
ゲームの総合情報サイト!競馬関連ゲームもあります。

優良出会い系サイトガイド(携帯版) - maxnetguide.fc2web.com/
優良出会いサイト厳選掲載サイト。斬新なランキングで女性に人気の出会いサイトなどがわかる!

稼げる人が選ぶ人気FXランキング(携帯版) - fx.maxnetworks.org/
FX初心者講座・人気FX会社ランキングなど今人気のFX情報の他、稼げるFX注文方法なども掲載!
by MAXNETWORKS

人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】ブログ王ランキング
スポンサーサイト

テーマ : 競馬 ジャンル : ギャンブル

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。